よくある質問

Q1 どのような業務が保証対象となりますか?

A1 協会が認定するロードサービス業務(故障車・事故車を対象とした搬送業務、緊急修理業務、排除業務)がこの保険の対象となります。従って上記業務外の車の積載・陸送・納車、車検切れ車両の移動等は対象となりません。

Q2 ロードサービス保証とはどのような制度ですか?

A3 損害保険ジャパン日本興亜(株)です。

Q4 今入っている保険と似ているような気がしますが、何か他とは違う特徴はありますか?

A4 従来の保険とは違った特徴があります。例えば既存損保会社の自動車管理賠償保険では免責となっている「搬送中」の賠償リスクが保証対象となっています。その他、ジャッキアップを原因とする賠償責任、代車・傭車費用の対象など、従来の保険では対象とならないお客様の車に対する保証をほぼオールリスクで対象としているなど、ロードサービス事業に関わるリスクをほぼフルカバーしています。通常、賠償責任保険は事故処理をしてもらえませんが、この保証制度では弁護士等が事故処理、万が一の裁判までも一貫して処理を行います。そして何より月2,500円からの安い保証料が特徴です。

Q5 保険構成を簡単に教えてください。

A5 運送保険・自動車管理者賠償責任保険・PL保険・請負賠償責任保険の複合保険です。各種免責条項を廃し、新しい特約を設けるなど、全国ロードサービス協会用に新しく開発された保険です。

Q6 なぜ安いのですか?

A6 加入会員会社の台数規模により、低価格を実現しました。

Q7 売上げによって金額は変わりますか?

A7 変わりません。加入台数で保証料が計算されます。

Q8 次年度の保証料は変わりませんか?

A8 大きな事故が立て続けに発生すれば、保証料が変更になることが当然あります。また、加入台数が増えていけば、保証料が安くなる可能性があります。

Q9 保証金額が足りないと思うので増やしたいのですが?

A9 可能です。ご相談下さい。

Q10 保険会社に申し込めば直接加入できますか?

A10 できません。全国ロードサービス協会を通してのみの加入となります。従って、保険会社、保険会社代理店などでは販売されていません。

Q11 自動車保険に加入しなくて良いということですか?

A11 いいえ、違います。自動車保険(対物・対人など)の加入車両であることが前提となります。自動車保険に未加入の場合、発生した損害賠償責任はお支払いできません。

Q12 協会会員ではないのですが、加入できますか?

A12 ロードサービス保険は、協会会員専用の保険です。原則として協会へ入会して頂いてからの契約となります。

Q13 保証料はいくらですか?

A13 申込車両および補償額により異なりますが、¥2,500円~¥5,000円になります。概要ページをご参照ください。

Q14 補償金額はどの様になっていますか?

A14 概要ページの補償額の欄をご参照ください。

Q15 事故相談・示談サービスは誰が行ってくれるのですか?

A15 リスク管理委託先である保険仲立人(株)日本総険と弁護士が、コンプライアンスに則って行います。

Q16 事故相談・示談サービスは有料ですか?

A16 補償対象となる通常の事故処理・訴訟事案においては、無料です。ケースバイケースですが、明らかに保険対象とならない事故・クレーム処理については原則有料となります。有料になる場合は、事前に加入者様と打ち合わせさせていただきます。

Q17 一台から入れますか?

A17 一台からでも加入は可能です。

Q18 カギ業者・タイヤ業者でも契約は出来ますか?

A18 できます。ロードサービス業務に従事していれば申し込み可能です。

Q19 一般家庭のドアやガラス、金庫なども保障されますか?

A19 協会会員からの依頼であれば可能ですがオプション契約になります。詳しくは協会にお問い合わせください。

Q20 レッカー車の異動(入替・増車・減車)手続きはどうすればいいのですか?

A20 協会へご通知ください。納車、操業前に必ず異動手続きを終えるようにしてください。事故後手続きをされても保証対象になりません。(土日、祝日、年末年始に入替えの予定がある場合は、お早めのご連絡をお願いいたします。)

Q21 毎月の保証料は、いつまでに支払えばいいですか?

A21 毎月15日までに協会指定口座にお振り込みください。尚、振込み手数料は、加入者負担となります。

Q22 損害賠償の評価の計算は時価ですか新価ですか?

A22 時価となります。従ってクラシックカーのような、プレミアム価値のある場合などは、修理金額と賠償金額がイコールにならないことがあります。作業前にお客様にご説明ください。

Q23 主な免責事項は?

A23  戦争・外国の武力行使・暴動・核燃料等による損害。
   故意、重過失によると判断された損害。
   飲酒・酒気帯び運転・麻薬・シンナー等薬物使用の場合。
   詐欺・横領等よる損害
   国又は地方公共団体による公権力の行使による損害
   法令により禁止されている改造車の部品及び付属品の損害
   地震・噴火・津波・河川の氾濫による洪水(自然災害による不可抗力)
   欠損・磨耗・腐食・さびその他自然磨耗により生じた損害
   法令により禁止されている改造車の部品及び付属品の損害
   無資格者の運転・作業などによる損害
   お客様の車に積載された一切の積荷・手荷物、積載物に対する損害
   消耗品(燃料、タイヤ等)の単独損害
   定着されていない部品の単独損害
   装飾品と見なされるものの損害
   作業箇所を間違えるなどの拙劣を原因とする損害
   点検・整備不良の拙劣による損害
   修理・整備工場への経由地的な管理ではない保管中の損害。修理・整備工場までの一時保管であることが前提です。
    性能不発揮を原因とする損害
   損害が発生していることを知りながら引き渡した事による損害。
   *その他、発生した事故において自動車保険・自賠責保険が優先される場合は、これが優先されます。

Q24 特に気をつけるべき免責事項はありますか?

A24 あります。お客様の積荷・手荷物類は一切対象となりません。また、改造車両の損害も補償されないことがありますので、作業前に同意書で承諾を得てください。

Q25 代車費用や傭車費用、休車損害は保証の対象ですか?

A25 はい。対象ですが、破損させたことによる責任期間が対象になります。また、責任開始日より3日間は免責で4日目より支払になります。また自社工場の代車や、個人所有車の代車などは対象になりません。*上限50万円まで

Q26 事故前にコーティングしていた車両のコーティングの保証は対象となりますか?

A26 はい、対象です。損害を与えた箇所が対象となります。従って、一部損の場合、全体に施すことはできません。*塗装も同様です。

Q27 格落ち損害は対象となりますか?

A27 はい、対象となります。但し、格落ち損害については厳格な審査があります。すべてが保証対象というわけではありませんので、ご注意ください。

Q28 作業前に必要な作業はありますか?

A28 あります。作業前にお客様の車を撮影(フィルム・デジカメ)してください。この保証制度では、事故前にどのような状況であったかの立証が必要で、写真のない場合、拡大損害は、原則お支払いできません。

Q29 写真は何枚ほど必要ですか?

A29 後部ナンバープレートがしっかりと写っている写真1枚と4方向からの写真、計5枚が必要です。

Q30 事故なのか言いがかりなのか判断できない案件が起きた場合は?

A30 早い段階でロードサービス保険事故センター(0800-777-9956)へご連絡ください。修理されるなどして証拠が無くなってしまったあとでは、保証出来なくなります。

Q31 懇意にしている弁護士・司法書士に示談・相談してもらった場合、費用は負担してもらえますか?

A31 負担できません。訴訟となる場合も、原則協会・保険会社の事前認定が必要です。

Q32 悪意のある保険金請求を行った場合はどうなりますか?

A32 保険金詐欺・詐欺未遂として刑事告発並びに、協会から強制的に退会いただきます。なお、払い込んだ保証料等は返金いたしません。

Q33 月の半ばから、ロードサービス保証に加入することはできませんか?

A33 月初からの加入が基本ではありますが、まずはご相談ください。

Q34 協会の会員名簿は公表していますか?

A34 役員名簿以外は、公表しておりません。